再生骨材を用いた自己充填コンクリートの二次製品への適用  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

再生骨材を用いた自己充填コンクリートの二次製品への適用を目的とし,再生骨材が自己充填コンクリートの流動性,強度および耐久性に及ぼす影響を調べた。その結果,再生骨材を用いても,高性能減水剤の添加量を増やすことで自己充填コンクリートを製造することが可能であることが分かった。コンクリートの強度および耐久性は,コンクリートの単位水量と再生骨材中に含まれる吸水量の和によって説明できることが分かった。再生骨材に含まれる吸水量を考慮することにより,二次製品に要求される力学的性能を満たす製品が製造できることを示す。

Journal

  • Proceedings of the Japan Concrete Institute

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 26(1), 1545-1550, 2004

    日本コンクリート工学協会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009695106
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12139047
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    13477560
  • NDL Article ID
    7135590
  • NDL Source Classification
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL Call No.
    Z43-175
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top