改良ロックイン赤外線サーモグラフィ法によるコンクリート構造物の非破壊検査に関する研究  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 中村 士郎
    • 住友大阪セメント(株)セメント・コンクリート研究所
    • 阪上 隆英
    • 大阪大学大学院工学研究科機械システム工学専攻
    • 久保 司郎
    • 大阪大学大学院工学研究科機械システム工学専攻

Abstract

コンクリート表面近傍のはく離欠陥などを定量的に検出可能な非破壊検査法であるロックイン赤外線サーモグラフィ法の改良に関する検討を行った。赤外線画像の時系列データ処理に用いる参照信号の周期を任意に変化させることにより,1回の加熱-冷却過程の計測データから検出欠陥の深さ情報が抽出でき,短時間で欠陥の定量化が行える可能性を示した。

Journal

  • Proceedings of the Japan Concrete Institute

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 26(1), 1857-1862, 2004

    日本コンクリート工学協会

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009695158
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12139047
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    13477560
  • NDL Article ID
    7136165
  • NDL Source Classification
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL Call No.
    Z43-175
  • Data Source
    CJPref  NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top