画像解析による硬化コンクリートの配合推定  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

コンクリート断面の研磨面に対して,観察倍率を変化させて取得した像の画像解析を行い,骨材粒子および未水和セメント粒子の体積率を求めた。また,水和反応の進行の程度を判断するために結合水量試験を行い,これらの結果からコンクリートの配合を推定した。単位量は骨材体積率の推定結果に影響を受けるが,精度良く推定することが可能であった。また,反射電子像の画像解析と結合水量試験結果を組み合わせることにより,単位量の推定を経ずに硬化コンクリートの水セメント比を直接かつ精度良く求めることが可能であった。

Journal

  • Proceedings of the Japan Concrete Institute

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 26(1), 2019-2024, 2004

    日本コンクリート工学協会

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009695185
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12139047
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    13477560
  • NDL Article ID
    7136370
  • NDL Source Classification
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL Call No.
    Z43-175
  • Data Source
    CJPref  NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top