ひずみ硬化型高靭性セメント複合材料で作製した部材の引張性能  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

ひずみ硬化型の高靭性セメント複合材料であるECCにより作製した要素部材の直接引張試験を行い,引張性能について考察した。ECCのみの条件とECCの中に溶接鉄筋網またはエキスパンドメタルを補強筋として配置した条件で部材を作製した。ECCはひび割れ後も引張力を負担できることから,部材としての引張耐荷力は補強筋とECCの双方の耐荷力を重ね合わせたものとなった。引張変形能が小さいECCに補強筋を組み合わせた場合,補強筋がひび割れの分散を促すことから,部材としての引張変形能が大きくなった。

Journal

  • Proceedings of the Japan Concrete Institute

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 26(2), 1525-1530, 2004

    日本コンクリート工学協会

Keywords

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009695454
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12139047
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    13477560
  • NDL Article ID
    7135868
  • NDL Source Classification
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL Call No.
    Z43-175
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top