鉄筋腐食膨張によるひび割れ発生時の腐食量  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 松島 学
    • 香川大学工学部安全システム建設工学科
    • 関 博
    • 早稲田大学理工学部社会環境工学科

Abstract

コンクリート構造物の維持管理業務で補修判断の一つの指標は腐食ひび割れ発生時期であり,構造物の耐荷力を評価するためのひとつの大きな指標である。コンクリート標準示方書によれば10mg/cm^2と言われている。本研究は,鉄筋の腐食膨張によるひび割れ発生腐食減量を電食実験および乾湿繰返実験の結果,物理モデルを使った計算結果から求めた。その結果,物理モデルからのひび割れ発生腐食減量は,50~150mg/cm^2,電食実験では,50mg/cm^2程度,乾湿繰返実験の結果は,20~80mg/cm^2であり,コンクリート標準示方書の値より大きい値である。

Journal

  • Proceedings of the Japan Concrete Institute

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 26(2), 1669-1674, 2004

    日本コンクリート工学協会

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009695478
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12139047
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    13477560
  • NDL Article ID
    7135996
  • NDL Source Classification
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL Call No.
    Z43-175
  • Data Source
    CJPref  NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top