委員会報告 自然環境下のコンクリート性能評価研究委員会の活動  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究委員会では,1991年に暴露を開始した全国共通暴露試験体の12年目のデータ測定とその結果の検討を行うとともに,暴露試験マニュアルを作成し,新たな暴露試験を開始した。また,全国の気象データを解析しコンクリート温度の毎時推定値のデータベースを作成し,寒冷環境,塩分環境,土壌環境,アル骨・複合劣化環境におけるコンクリート性能評価に適用を試みるとともに,最近の研究動向の整理を行った。なお,本年6月10日にシンポジウムを開催し,委員会報告と一般論文講演(21編)の発表を行う。

Journal

  • Proceedings of the Japan Concrete Institute

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 27(1), 19-28, 2005

    日本コンクリート工学協会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009695503
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12139047
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    13477560
  • NDL Article ID
    7800612
  • NDL Source Classification
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL Call No.
    Z43-175
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top