液体窒素を用いたコンクリートの簡易的凍結融解試験の提案  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

一般にJIS規格の「コンクリートの凍結融解試験」は,その試験に多大な労力と時間がかかる。本研究では,液体窒素を用いた簡易的凍結融解試験を新しく提案し,その可能性について検討した。その結果,液体窒素を用いることにより,JIS規格試験と劣化のメカニズムは異なるが,表層部の劣化を短いサイクル数で確認できた。また,現場での測定可能な持ち運びのできる液体窒素を用いた簡易試験装置を試作し,超音波伝播時間による定量的評価により,その試験方法の有効性を検討した。その結果,簡易試験装置により,コンクリートの種類による相対動弾性係数の変化を確認でき,その有効性を十分示すことができた。

Journal

  • Proceedings of the Japan Concrete Institute

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 27(1), 757-762, 2005

    日本コンクリート工学協会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009695625
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12139047
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    13477560
  • NDL Article ID
    7809074
  • NDL Source Classification
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL Call No.
    Z43-175
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top