人工軽量骨材のアルカリシリカ反応性  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究は,5種類の人工軽量骨材および1種類の天然軽量骨材のアルカリシリカ反応性を明らかにすることを目的として,骨材の鉱物学的試験と化学法およびモルタルバー法による骨材のアルカリシリカ反応性の判定を実施した。その結果,化学法では,すべての軽量骨材は「無害でない」と判定された。しかし,モルタルバー法では,骨材中の気孔により膨張が大きく緩和されるので,アルカリシリカゲルの生成の有無に係わらず,すべての軽量骨材が「無害」と判定された。

Journal

  • Proceedings of the Japan Concrete Institute

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 27(1), 1381-1386, 2005

    日本コンクリート工学協会

Cited by:  3

Keywords

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009695729
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12139047
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    13477560
  • NDL Article ID
    7833516
  • NDL Source Classification
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL Call No.
    Z43-175
  • Data Source
    CJPref  NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top