梁主筋付着性状を変化させたRC立体柱・梁接合部のせん断性状に関する研究  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

柱・梁接合部内の主筋付着性状を実験変数とした,接合部破壊型スラブ無し鉄筋コンクリート造立体内柱・梁接合部に水平二方向同時静的交番載荷実験を行い,接合部内の主筋付着性状が架構の破壊性状に与える影響,接合部せん断破壊型立体架構の接合部せん断耐力および接合部のせん断強度の二軸相関について検討することを目的としている。

Journal

  • Proceedings of the Japan Concrete Institute

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 27(2), 385-390, 2005

    日本コンクリート工学協会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009695882
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12139047
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    13477560
  • NDL Article ID
    7829627
  • NDL Source Classification
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL Call No.
    Z43-175
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top