圧着接合されたプレストレスト・コンクリート造立体柱梁接合部の地震時挙動  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

プレキャストの柱および梁をPC鋼材で圧着接合する方法(PCaPC圧着工法)によって作られた骨組の接合部のせん断耐力を把握する目的で,立体架構を含む接合部せん断破壊型試験体6体の静的正負交番繰返し載荷実験を行った。十字型接合部せん断破壊型の試験体の耐力は梁PC鋼棒の付着や配置位置に依存せずコンクリート強度によるRC柱梁接合部のせん断強度評価式により評価できることが確認できた。2方向水平力を受ける立体柱梁接合部せん断強度の方が平面接合部よりも大きかった。

Journal

  • Proceedings of the Japan Concrete Institute

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 27(2), 397-402, 2005

    日本コンクリート工学協会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009695884
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12139047
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    13477560
  • NDL Article ID
    7829635
  • NDL Source Classification
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL Call No.
    Z43-175
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top