産業廃棄物溶融スラグを用いたせん断補強筋のない鉄筋コンクリート梁の曲げ・せん断挙動  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究は,香川県豊島の土砂を含む産業廃棄物を溶融処理した際に発生するスラグを用いたせん断補強筋のない鉄筋コンクリート梁のひび割れ耐荷挙動について検討した。影響因子としてはスラグ置換率,圧縮強度,せん断スパン比および鉄筋比を考慮し,18体の梁を製作し載荷試験を行った。その結果,スラグの有無による耐荷力,たわみ,等曲げ区間の総ひび割れ幅及びせん断ひび割れ幅への影響はほとんどないことが明らかとなった。また,圧縮強度,鉄筋比及びせん断スパン比の影響のスラグの有無による違いも見られなかった。

Journal

  • Proceedings of the Japan Concrete Institute

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 27(2), 841-846, 2005

    日本コンクリート工学協会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009695958
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12139047
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    13477560
  • NDL Article ID
    7831051
  • NDL Source Classification
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL Call No.
    Z43-175
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top