耐力低下を考慮した鉄筋コンクリート建物の倒壊率  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

耐力低下する1質点モデルを用い,地震入力エネルギーと建物の消費エネルギーの関係から倒壊率を検討した。修正武田モデル,原点指向モデルの降伏後剛性低下率,除荷時剛性低下指数,建物周期をパラメータとし,地震動の位相特性をばらつかせ地震応答解析を行った。履歴吸収エネルギーではなく、最大応答までの荷重変形包絡線の面積で定義されるエネルギーを用いることによって建物の倒壊確率が予測できることがわかった。

Journal

  • Proceedings of the Japan Concrete Institute

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 27(2), 1033-1038, 2005

    日本コンクリート工学会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009695990
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12139047
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • ISSN
    13477560
  • NDL Article ID
    7831504
  • NDL Source Classification
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL Call No.
    Z43-175
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR  NDL-Digital 
Page Top