RC造そで壁付柱に対するポリマーセメントモルタルを用いた接着耐震補強工法に関する実験的研究  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究では,既存鉄筋コンクリート造建物のそで壁付柱に対する,ポリマーセメントモルタル(PCM)を用いた新たな耐震補強工法を提案することを目的としている。この工法は,PCMの特徴の一つである高い接着性に期待して,補強部と既存部を一体化しようとするものである。本報では,PCMにより補強されたそで壁付柱部材の構造実験を行い,その結果,補強部と既存部が一体化して挙動し,せん断補強効果が十分に得られることを示した。さらに,部材の補強部位・補強筋量によって補強効果が変化することを示し,それらを組み合わせて設計する事で,部材の構造性能(強度・変形能)が制御可能であることを示した。

Journal

  • Proceedings of the Japan Concrete Institute

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 27(2), 1123-1128, 2005

    日本コンクリート工学協会

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009696005
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12139047
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Proceedings
  • ISSN
    13477560
  • NDL Article ID
    7831600
  • NDL Source Classification
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL Call No.
    Z43-175
  • Data Source
    CJPref  NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top