化学系繊維ネットを用いたRC梁のせん断抵抗に関する実験的研究  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

かぶりコンクリートの第三者影響度とせん断補強の高密度配筋の抑制を目的とし,魚網の材料である化学系繊維ネットをせん断補強鉄筋の代替材料としての適用性について,2点集中RC単純梁の単調曲げ載荷試験を行った。主たる実験パラメータは,せん断補強の有無と,ネットの量と種類である。6体のRC試験体による実験の結果,ネットを用いた場合,破壊モードを曲げ降伏後のせん断破壊に移行できなかったが,ひび割れ面に存在するネットの密度を高めることでひび割れ面でのせん断伝達力を保持させ大きいじん性能力を付与できた。また,伸縮性に富むネットを用いることで除荷後にひび割れ幅が閉じ変位が減少した。

Journal

  • Proceedings of the Japan Concrete Institute

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 27(2), 1645-1650, 2005

    日本コンクリート工学協会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009696092
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12139047
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    13477560
  • NDL Article ID
    7832832
  • NDL Source Classification
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL Call No.
    Z43-175
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top