下水汚泥スラグ粗骨材を用いたコンクリートの力学的特性  [in Japanese] Mechanical properties of concrete used coarse molten slag aggregate made from sewage sludge  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

下水汚泥スラグ粗骨材をコンクリート用粗骨材として使用するため,骨材の物理的性質,コンクリートのフレッシュ特性,硬化コンクリートの力学的特性,乾燥収縮,耐凍害性,圧縮疲労特性について実験・検討を行った。その結果,砕石に比べ下水汚泥スラグ粗骨材のすり減り減量および破砕値は大きく,下水汚泥スラグ粗骨材置換率の増加に伴いスランプおよび空気量が増加し,緒強度は低下した。乾燥収縮および耐凍害性,圧縮疲労強度は下水汚泥スラグ使用量に影響を受けず普通コンクリートとほぼ同程度であった。

Journal

  • Proceedings of the Japan Concrete Institute

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 28(1), 101-106, 2006

    日本コンクリート工学協会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009696112
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12139047
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    13477560
  • NDL Article ID
    9612020
  • NDL Source Classification
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL Call No.
    Z43-175
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top