能登半島のASR劣化構造物に関する一考察  [in Japanese] A study on ASR affected concrete structures in note peninsula  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

能登地方にはアルカリシリカ反応(ASR)による劣化を受けた構造物が多く存在する。本研究では,能登地方のASR劣化構造物の発生状況をコンクリートに使用された安山岩砕石の岩石・鉱物学的特徴やアルカリシリカ反応性との関係から検討するとともに,鉄筋破断が発生した構造物から採取したコアの力学的性質の変化について明らかにした。また,破断鉄筋の詳細調査より,ASR膨張によって鉄筋破断に至るまでの亀裂の発生とその進展の過程を解明した。

Journal

  • Proceedings of the Japan Concrete Institute

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 28(1), 779-784, 2006

    日本コンクリート工学協会

Keywords

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009696225
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12139047
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    13477560
  • NDL Article ID
    9613294
  • NDL Source Classification
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL Call No.
    Z43-175
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top