実構造物における骨材からのアルカリ溶出の検証  [in Japanese] Inspection of alkali resolution from aggregates in structures  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究では,北陸地方(新潟県,富山県,福井県)の実構造物から多数のコンクリート試料を採取し,コンクリートのアルカリ量の現状を調査した。また,アルカリの起源をセメントと骨材とに分類し,構造物のASR劣化度や岩種構成率との関係を調べた。その結果,骨材の全アルカリ量はセメントの全アルカリ量に対して17~163%の範囲にあり,構造物のASR劣化度に影響を与えるとともに,骨材の種別として火山岩(安山岩,流紋岩,凝灰岩)および変成岩が増加するほど骨材の全アルカリ量が多くなった。また,骨材の境界部でのEPMA面分析より,川砂中の斜長石からのアルカリの溶出状況を確認した。

Journal

  • Proceedings of the Japan Concrete Institute

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 28(1), 791-796, 2006

    日本コンクリート工学協会

Keywords

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009696227
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12139047
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    13477560
  • NDL Article ID
    9613327
  • NDL Source Classification
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL Call No.
    Z43-175
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top