粒子法によるコンクリートおよびRCはりの非線形解析に関する基礎的研究  [in Japanese] A fundamental study on nonlinear analysis of concrete and RC member using particle method  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

コンクリート構造物の非線形解析において,構造物が耐荷力を迎えた後のポストピーク挙動の評価が大きな課題となっている。本研究は,メッシュレス法の一つである粒子法をコンクリート構造物の非線形解析へ適用するために基礎的な検討を行ったものである。まず,本研究で用いた粒子法の概要を説明し,コンクリート板の一軸圧縮解析を行い破壊挙動への有効性を検討した。次に,粒子法により曲げ破壊するRCはりの非線形解析を行い,その適用性と解析結果の妥当性を確認した。

Journal

  • Proceedings of the Japan Concrete Institute

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 28(2), 55-60, 2006

    日本コンクリート工学協会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009696458
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12139047
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    13477560
  • NDL Article ID
    9610945
  • NDL Source Classification
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL Call No.
    Z43-175
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top