繰り返し水平力を受けるプレキャストコンクリート間仕切壁付きRC骨組の弾塑性解析モデル  [in Japanese] Model for non-linear analysis of RC frames with PCa partition wall subjected to cyclic lateral load  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

鉄筋コンクリート骨組内にダウエル鉄筋を介して接合される完全スリット付きプレキャストコンクリート非構造壁の弾塑性解析を行った。このモデルは,非構造壁を剛体と仮定し,非構造壁と周辺フレームを接合するダウエル鉄筋の非線形復元力特性,周辺フレームとの適合条件,および力の釣り合いを考慮する方法である。この方法を1層1スパン骨組に適用して正負漸増振幅繰返し弾塑性解析を行い非構造壁の復元力の推定を試みる。また,解析を実験に適用して復元力特性の計算結果と実験値との比較によりモデル化の妥当性を検討する。

Journal

  • Proceedings of the Japan Concrete Institute

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 28(2), 67-72, 2006

    日本コンクリート工学協会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009696460
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12139047
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    13477560
  • NDL Article ID
    9610970
  • NDL Source Classification
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL Call No.
    Z43-175
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top