圧着接合されたプレストレスト・コンクリート柱梁接合部の損傷過程におけるせん断ひび割れ挙動に関する研究  [in Japanese] Shear crack behavior of PCaPC beam-column joints to damage process  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

プレキャスト・コンクリート柱梁部材を圧着接合して組み立てた骨組み内の柱梁接合部の実験結果に基づき,接合部の損傷過程におけるせん断ひび割れの挙動について検討した。接合部せん断変形角とひび割れ幅の関係は線形性を有し,損傷を表す指標となること,また,鉄筋コンクリート造柱梁接合部に比べて損傷低減効果が期待できることがわかった。

Journal

  • Proceedings of the Japan Concrete Institute

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 28(2), 301-306, 2006

    日本コンクリート工学協会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009696499
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12139047
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    13477560
  • NDL Article ID
    9613615
  • NDL Source Classification
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL Call No.
    Z43-175
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top