プレストレスト鉄筋コンクリート(PRC)柱・梁十字型部分架構の耐震性能に関する研究  [in Japanese] Earthquake resistant performance of prestressed reinforced concrete beam-column joints  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

RC構造とPC構造の中間的な性質を持つプレストレスト鉄筋コンクリート(PRC)構造の柱・梁十字型部分架構の平面試験体を終局プレストレス率の指標に基づき,破壊モードが全試験体で梁曲げ降伏先行するよう設計した試験体を10体作製し,静的正負交番水平力載荷実験を行った。しかし試験体は,3つの破壊形式を有し,PC鋼材とグラウトの付着力及び梁主筋の付着力が梁危険断面位置での梁残留ひび割れに大きく影響することを把握した。

Journal

  • Proceedings of the Japan Concrete Institute

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 28(2), 343-348, 2006

    日本コンクリート工学協会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009696506
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12139047
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    13477560
  • NDL Article ID
    9613694
  • NDL Source Classification
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL Call No.
    Z43-175
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top