接合部回転角を含むRC造柱梁接合部部分架構の変形成分と応力およびその測定法  [in Japanese] Deformation and stress in reinforced concrete beam-column subassembladges with new concept  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

柱梁接合部パネルの4つの辺の計12の自由度からなる変位を測定し,これらをもとに接合部の変形をせん断変形と接合部フェースの回転に分離する方法を提案した。また,長さ方向に溝を設けた鉄筋と歪ゲージにより,鉄筋の降伏後の応力を測定する方法を示した。これらを柱梁接合部の実験に適用し,従来の測定法では明らかにすることができなかった柱梁接合部の変形や応力を測定することが可能であることを示した。

Journal

  • Proceedings of the Japan Concrete Institute

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 28(2), 355-360, 2006

    日本コンクリート工学協会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009696508
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12139047
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    13477560
  • NDL Article ID
    9613715
  • NDL Source Classification
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL Call No.
    Z43-175
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top