支点近傍に衝撃荷重を受けたPC梁の残存耐荷性能評価  [in Japanese] An evaluation on residual bearing capability of PC beam after receiving impact  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究は,支点近傍に衝撃荷重を受けてせん断損傷したPC梁にどれだけの耐荷性能が残っているか,を実験的に検討したものである。具体的には,重錘を所定の高さからPC梁に1回だけ落下させる単一重錘落下をまず行ってPC梁にせん断損傷を与え,その後PC梁が終局状態に至るまで同一の支持条件で静的載荷を続ける方式(2段階載荷実験)と,衝撃を繰返し与える方式とを,重錘によって梁に与えられたエネルギーとPC梁変形量の関係の観点から,比較した。

Journal

  • Proceedings of the Japan Concrete Institute

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 28(2), 853-858, 2006

    日本コンクリート工学協会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009696591
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12139047
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    13477560
  • NDL Article ID
    9616715
  • NDL Source Classification
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL Call No.
    Z43-175
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top