エネルギー伝達を目的としたセミアクティブ制震による地震応答低減効果  [in Japanese] The effect of decreasing response of R/C building by semi-active control transferring energy  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

地震時の主体構造物の振動エネルギーを付加構造物へ伝達することを目的としたセミアクティブ制震を適用した弾性地震応答解析を行った結果,主体構造物へ入力された地震エネルギーの8割が付加系へ伝達されており,そのうち1割が付加構造物へ伝達され,結果的に付加構造物内粘性減衰により消費されていた。RC造建物を想定した弾塑性地震応答解析を行った結果,入力地震動が大きく,主体構造物が塑性化する場合,入力地震エネルギーに対する付加構造物へ伝達されるエネルギーの割合は大きくなった。主体構造物の入力地震エネルギーに対する付加系へ伝達されたエネルギーの割合は応答低減効果と関係があった。

Journal

  • Proceedings of the Japan Concrete Institute

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 28(2), 1051-1056, 2006

    日本コンクリート工学協会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009696624
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12139047
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    13477560
  • NDL Article ID
    9618328
  • NDL Source Classification
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL Call No.
    Z43-175
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top