化学系繊維ネットをスターラップ代替として用いたRC梁のせん断補強効果に関する実験的研究  [in Japanese] Shear strength of RC beams with the chemical fiber net as a substitute for stirrup  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

せん断補強鉄筋の高密度配筋とかぶりコンクリートの第三者影響度の抑制を目的とし,ネット格子の間隔と径が異なる9種類の化学系繊維ネットをスターラップ代替としてRC梁に適用し,2点集中曲げ載荷試験を行い,せん断補強効果を検討した。その結果,せん断破壊先行型から曲げ降伏後のせん断破壊型へ破壊形式を移行させることができるせん断補強効果を保有するネットの存在を明らかにした。また,ネット単体の引張試験を行い,実せん断耐力とネット保有せん断耐力の関係を調べることで,スターラップと同等のせん断補強効果を得られるネット保有せん断耐力を導いた。

Journal

  • Proceedings of the Japan Concrete Institute

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 28(2), 1681-1686, 2006

    日本コンクリート工学協会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009696729
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12139047
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    13477560
  • NDL Article ID
    9619414
  • NDL Source Classification
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL Call No.
    Z43-175
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top