高温環境下におけるハイブリッド繊維補強高強度コンクリートの破壊靭性に関する研究  [in Japanese] Study on fracture toughness of hybrid fiber reinforced high strength concrete at high temperature  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

高強度コンクリートでは爆裂対策としてポリプロピレン繊維の混入が有効であることが指摘されている。しかしながら繊維の溶融のため火災時の破壊靭性向上は難しい。そのため,ポリプロピレン繊維と鋼繊維を組み合わせたハイブリッド繊維による破壊靭性の確保が提案されている。本研究では,高強度繊維補強コンクリートの破壊エネルギー試験を行い,加熱時における特性と残存特性を評価した。その結果,ハイブリッド繊維による破壊靭性の確保が確認された。

Journal

  • Proceedings of the Japan Concrete Institute

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 29(1), 339-344, 2007

    日本コンクリート工学協会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009696785
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12139047
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    13477560
  • NDL Article ID
    9623959
  • NDL Source Classification
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL Call No.
    Z43-175
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top