圧縮応力下における短繊維補強コンクリートの塩分浸透と透水性  [in Japanese] Chloride penetration and water permeability of fiber reinforced concrete under compressive stress  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

コンクリート構造物の耐久性に関する要因の多くは,物質移動(水分,気体およびイオン)と関連している。特にイオンの浸透・拡散は,硬化体中における水の移動と関連性が高いことが知られている。応力が作用したコンクリート内部は,ひび割れが生じており,物質移動は応力が作用しない状態とは異なると考えられる。これまでに応力作用下における塩化物イオンの浸透性について,実験的検討を行ってきたが,ここでは同様に応力作用が透水に及ぼす影響を検討するとともに,塩化物イオン拡散係数との関連性について検討を行うものである。

Journal

  • Proceedings of the Japan Concrete Institute

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 29(1), 1029-1034, 2007

    日本コンクリート工学協会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009696900
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12139047
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    13477560
  • NDL Article ID
    9644903
  • NDL Source Classification
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL Call No.
    Z43-175
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top