炭酸リチウム溶液の電気浸透によるASR膨張抑制に関する検討  [in Japanese] Suppression of ASR expansion due to electro-osmosis of lithium carbonate solution  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 馬場 勇太
    • 徳島大学大学院先端技術科学教育部知的力学システム工学専攻
    • 上田 隆雄
    • 徳島大学大学院ソシオテクノサイエンス研究部エコシステムデザイン部門
    • 七澤 章
    • 電気化学工業(株)青海工場無機材料研究センター

Abstract

アルカリ骨材反応によるコンクリートの膨張抑制効果が確認されているリチウムイオン(以下Li^+)を電気化学的にコンクリートに浸透させる工法に関して,コンクリート内部へのLi^+の浸透を促進させることが課題となっている。そこで本研究では,電解液としてLi_2CO_3を用いた場合の電気浸透によるLi^+のコンクリート中への浸透状況を電解液温度をパラメータとして測定するとともに,コンクリートのASR膨張との関係を検討した。この結果,電解液温度を40℃とした場合に,通電中のASR膨張は大きくなるものの,通電処理によるLi^+およびCl^-の移動は大幅に促進され,処理後の膨張速度も抑制できることがわかった。

Journal

  • Proceedings of the Japan Concrete Institute

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 29(1), 1239-1244, 2007

    日本コンクリート工学協会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009696935
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12139047
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    13477560
  • NDL Article ID
    9648780
  • NDL Source Classification
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL Call No.
    Z43-175
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top