可視化モデルを用いた2軸強制練りミキサの局部交錯部のせん断流の定量化  [in Japanese] Measurement of pressure occurred by shear flow at the locally crossing area in bi-axial forced mixer  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

2軸強制練りミキサの練混ぜに重要な流動は,異なる粒度の各種粉体材料を均一に混合する"全体循環流動"と,セメント粒子と水の水和反応に必要な固液界面接触を円滑にする"局部交錯流動"の2つに大別される。本研究では,局部交錯部の領域が大きく異なる2種類のモデルミキサを用いて,高粘性と低粘性の可視化モデルが一様な粘性に収束する練混ぜ性能実験を行った。次に,シャフト軸の回転に伴うミキサのブレード表面の圧力変動を計測し,2つの逆向きのらせん流動が交錯する際に発生するブレード周辺のせん断流の定量化を試み,局部交錯部の練混ぜ性能とせん断流の相関性について実験的検討を行った。

Journal

  • Proceedings of the Japan Concrete Institute

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 29(2), 49-54, 2007

    日本コンクリート工学協会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009696971
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12139047
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    13477560
  • NDL Article ID
    9612529
  • NDL Source Classification
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL Call No.
    Z43-175
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top