コンクリートの含水状態が表面含浸材の補修性能に与える影響について  [in Japanese] Influence of concrete moisture condition on repair performance of the impregnating materials  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

表面含浸材の港湾構造物への適用を目的に、含水状態の異なるコンクリートに表面含浸材を塗布した供試体を用いて,表面含浸材の含浸深さや海水のコンクリート中への吸水特性および遮塩性について検討を行った。その結果、塗布時のコンクリートの含水状態によって吸水防止材の補修性能が大きく異なることが明らかとなった。

Journal

  • Proceedings of the Japan Concrete Institute

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 29(2), 535-540, 2007

    日本コンクリート工学協会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009697052
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12139047
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    13477560
  • NDL Article ID
    9633270
  • NDL Source Classification
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL Call No.
    Z43-175
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top