吸水型枠を使用したコンクリートの透気性と塩分浸透深さとの関係  [in Japanese] Relation between air permeability and chloride penetration of concrete using water absorption form  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

吸水型枠を使用したコンクリートを対象として,中性化と塩害が作用する複合劣化環境下において,表層の透気性と塩化物イオン浸透深さおよび中性化深さの関係について実験的に検討した。表層の透気性の測定には微破壊試験法の一種である削孔法を採用している。実験結果から,複合劣化環境下においても吸水型枠の使用が塩分浸透や中性化進行を抑制する効果を発揮すること,透気性が塩化物イオン浸透や中性化の進行と相関性を示すことなどを明らかにした.

Journal

  • Proceedings of the Japan Concrete Institute

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 29(2), 715-720, 2007

    日本コンクリート工学協会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009697082
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12139047
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    13477560
  • NDL Article ID
    9634377
  • NDL Source Classification
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL Call No.
    Z43-175
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top