耐力低下とスリップ性状を考慮したRC梁部材の復元力特性モデル  [in Japanese] A hysteresis model of R/C beams considering lateral loading degradations and slip characteristics  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

鉄筋コンクリート梁部材の曲げ降伏後の正負繰り返しに対する曲げせん断抵抗機構を提案する。さらにこの機構と材料強度,応力歪度関係,主筋量,せん断補強量に,耐力低下やスリップ性状と関連付けて,部材の非線形の復元力特性を模擬する履歴モデルを提案する。その特徴は,提案するせん断抵抗機構を考慮して,除荷終了後剛性ゼロで変位が変化する量(スリップ量)を,曲げ降伏ヒンジ領域のせん断補強筋の伸びによる回転角と関係づけ定量化する点である。提案する履歴モデルを実験結果に適用し,比較してその妥当性の検討を行う。

Journal

  • Proceedings of the Japan Concrete Institute

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 29(3), 193-198, 2007

    日本コンクリート工学協会

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009697138
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12139047
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    13477560
  • NDL Article ID
    9612422
  • NDL Source Classification
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL Call No.
    Z43-175
  • Data Source
    CJPref  NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top