鉄筋コンクリート造柱梁接合部架構のためのマクロエレメントによる接合部補強量の影響の解析  [in Japanese] Influence of joint reinforcement quantity with macro element for R/C interior beam-column joint  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

筆者らの提案している柱梁接合部の変形を考慮するためのマクロエレメントを用いて,鉄筋コンクリート造柱梁接合部部分架構の静的弾塑性骨組解析を行った。梁の主筋量,主筋径,接合部内の横補強筋量,主筋の降伏点などを変数とするパラメトリック解析を行った。これらの設計因子は,架構の初期剛性やひび割れ剛性に影響を与えないが,降伏強度や降伏後剛性低下率に大きな影響を与える。梁の主筋量や主筋強度を大きくすると,早期に接合部内の主筋の付着耐力に到達するため,接合部内の横補強筋の拘束効果が低減する。

Journal

  • Proceedings of the Japan Concrete Institute

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 29(3), 259-264, 2007

    日本コンクリート工学協会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009697149
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12139047
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    13477560
  • NDL Article ID
    9612623
  • NDL Source Classification
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL Call No.
    Z43-175
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top