地震発生シナリオを考慮したRC建物の安全性と修復性の相互関係  [in Japanese] Mutual relation of safety and reparability for R/C buildings considering the earthquake scenario  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

建築物の性能評価型耐震設計において,修復性能が経済的な合理性に基づき限界状態を定められるのに対し,安全性能は人命に関係するため経済的合理性とは相容れない場合がある。本論文では,特定の大きさの地震動に対する安全性能と修復性能の評価が二つの構造物で逆転する事例を定量的に示すとともに,複数回の地震動発生とその順序(経年効果)を考慮することで安全性能と修復性能を連続的に評価する手法を検討した。

Journal

  • Proceedings of the Japan Concrete Institute

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 29(3), 1033-1038, 2007

    日本コンクリート工学協会

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009697278
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12139047
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    13477560
  • NDL Article ID
    9616095
  • NDL Source Classification
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL Call No.
    Z43-175
  • Data Source
    CJPref  NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top