フライアッシュコンクリートの塩分浸透性に関する実験的考察  [in Japanese] Experimental studies on chloride penetration in fly ash concrete  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

JIS II種灰を用いたフライアッシュコンクリートの塩分浸透性を6年半の室内塩水浸せき試験から調べた。また,JIS III種灰で作製したフライアッシュコンクリートを用いた護岸コンクリート構造物からコアを抜き,同様に塩分浸透性を調査した。実験では各供試体の全塩化物イオン濃度分布を求めた。また,電子線マイクロアナライザ(EP凧)から得られた特性X線強度分布曲線を解析した。塩分浸透に対するフライアッシュの効果を確認し,EP臥から予測した塩分浸透性は実験結果と比較的良く一致することがわかった。

Journal

  • Proceedings of the Japan Concrete Institute

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 30(1), 849-854, 2008

    日本コンクリート工学協会

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009697539
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12139047
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    13477560
  • NDL Article ID
    9616515
  • NDL Source Classification
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL Call No.
    Z43-175
  • Data Source
    CJPref  NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top