ASRによるせん断補強筋の破断がRCはり部材のせん断耐荷特性に及ぼす影響  [in Japanese] Effects of rupture of stirrups due to ASR on shear behavior of reinforced concrete beams  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

近年,ASR損傷コンクリート構造物中の鉄筋の曲げ加工部および圧接継手部の破断事例が複数報告されている。このような構造物に関しては,設計時における前提条件が必ずしも担保されない可能性があり,ASRの進行の程度や鉄筋破断が構造物の耐荷特性に与える影響を把握しておく必要がある。そこで,本研究ではASR損傷によりせん断補強筋に破断を生じたRCはり部材のせん断耐荷性状を明確にすることを主目的とし,反応性骨材を使用したコンクリートを用い,その付着強度ならびにASR劣化を生じたRCはり部材のせん断耐荷性状を普通コンクリートを用いた供試体と比較・検討した。

Journal

  • Proceedings of the Japan Concrete Institute

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 30(1), 969-974, 2008

    日本コンクリート工学協会

Keywords

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009697559
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12139047
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    13477560
  • NDL Article ID
    9618037
  • NDL Source Classification
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL Call No.
    Z43-175
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top