鉄筋腐食させたRC梁の残存曲げ耐荷力特性に関する実験的研究  [in Japanese] Experimental study on flexural capacity of RC-beams with corroded re-bars  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究では,電食により劣化促進したRC梁を対象として,超音波伝播速度等の非破壊検査で把握した劣化の程度と,曲げ載荷実験により実測した残存耐荷力との関係を評価した。その結果,電食前後における超音波伝播速度の低下率ならびに腐食ひび割れ幅と,鉄筋直径の減少率の間に良好な相関があること,また,鉄筋の腐食率と残存曲げ耐力の間にも強い相関性があることを確かめた。その上で,非破壊検査結果から推定される最大曲げ耐力推定値と,その実測値との比較検討も行った。

Journal

  • Proceedings of the Japan Concrete Institute

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 30(1), 1095-1100, 2008

    日本コンクリート工学協会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009697580
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12139047
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    13477560
  • NDL Article ID
    9618334
  • NDL Source Classification
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL Call No.
    Z43-175
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top