各種環境下における犠牲陽極方式電気防食工法の防食効果に関する実験的研究  [in Japanese] Effects of cathodic protection by galvanic anode system in several environments  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

金属溶射による犠牲陽極方式電気防食工法がコンクリート構造物に及ぼす防食効果および犠牲陽極自身の電気的特性を把握することを日的として,各種環境下において実験的検討を実施した。ここでは,溶射金属とその下地処理の違いが陽極材の付着特性に与える影響,あるいは,各種環境下における溶射金属や溶射方法の違いが防食効果に与える影響等について検討した結果を報告する。

Journal

  • Proceedings of the Japan Concrete Institute

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 30(1), 1173-1178, 2008

    日本コンクリート工学協会

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009697593
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12139047
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    13477560
  • NDL Article ID
    9619587
  • NDL Source Classification
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL Call No.
    Z43-175
  • Data Source
    CJPref  NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top