細骨材の種類が鉄鋼スラグ水和固化体の耐久性に及ぼす影響  [in Japanese] Effect of type of fine aggregate on durability of steel-making slag concrete  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本論文は,細骨材の種類が鉄鋼スラグ水和固化体の耐久性に及ぼす影響を示したものである。製銅スラグを細骨材に用いた鉄銅スラグ水和固化体は,普通コンクリートに比べて,圧縮強度,中性化,塩化物イオンの浸透性および耐硫酸性が劣る。これに対して,細骨材に高炉スラグを用いた鉄鋼スラグ水和固化体は,圧縮強度の増加は小さいものの,中性化,塩化物イオンの浸透性および耐硫酸性は改善されることが明らかとなった

Journal

  • Proceedings of the Japan Concrete Institute

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 30(2), 493-498, 2008

    日本コンクリート工学協会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009697686
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12139047
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    13477560
  • NDL Article ID
    9611862
  • NDL Source Classification
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL Call No.
    Z43-175
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top