各種セメント系断面修復材の電気抵抗率に関する検討  [in Japanese] Electric resistance of cement repair material  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

コンクリート構造物の電気防食の防食効果や防食効果の均一性に影響を及ぼす因子の一つに,補修工事の一環で電気防食を適用する際に実施される断面修復や,以前に実施した断面修復で使用された補修材料の電気抵抗率の影響が指摘されている。そこで,本報告は現在市販されている多様な断面修復材料の電気抵抗率の測定を行い,各種断面修復材料の電気抵抗率を共通の水準で把握し,断面修復材の電気抵抗率に及ぼす影響因子について検討を行った。その結果,断面修復材の電気抵抗率は,材料自体による差が大きいことや,含水状態に影響されることなどが明らかとなった。

Journal

  • Proceedings of the Japan Concrete Institute

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 30(2), 595-600, 2008

    日本コンクリート工学協会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009697703
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12139047
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    13477560
  • NDL Article ID
    9612148
  • NDL Source Classification
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL Call No.
    Z43-175
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top