材料特性が鋼-コンクリートハイブリッド合成桁の曲げ耐力確率分布に及ぼす影響  [in Japanese] Influence of material characteristics on hybrid composite girders  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

座屈破壊の懸念があるハイブリッド桁を合成桁とすると,座屈破壊の抑制が期待できる。よって本研究では,正曲げを受けるハイブリッド合成桁に対し,構成材料であるコンクリート,普通鋼,高性能鋼の材料特性を確率変数として与え,座屈を考慮した三次元弾塑性有限変位解析を行い,耐力分布を算出した。その結果,耐力設計に全塑性曲げモーメントを用いた場合でも,材料変動を少なくすることで,安全に設計できることが分かった。

Journal

  • Proceedings of the Japan Concrete Institute

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 30(3), 7-12, 2008

    日本コンクリート工学協会

Keywords

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009697743
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12139047
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    13477560
  • NDL Article ID
    9611060
  • NDL Source Classification
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL Call No.
    Z43-175
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top