高強度RC杭体へのプレストレス導入による曲げ耐力の改善  [in Japanese] Use of prestressing to improve load bearing capacity of RC piles with high-strength materials  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

基礎は,損傷の発見や修復の困難さから,地盤条件などによらず,レベル2地震動作用時にも弾性応答することが望ましい。本研究では,杭基礎の地震時保有水平耐力の向上を目的として,高強度構成材料を使用し,断面中心部ヘプレストレスを導入したRC杭体(高強度RC杭体)を考案した。そして,導入プレストレスや鉄筋量を変化させた10体の高強度RC杭の曲げ実験を実施し,損傷進展や曲げ耐力の発現状況などを考察することで,この種の構造の力学特性に関する基礎データを収集した。また,高強度RC杭体の曲げ耐力を評価可能な断面解析法を提案し,本構造における各構成材料の曲げ耐力の負担割合等を明らかにした。

Journal

  • Proceedings of the Japan Concrete Institute

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 30(3), 1003-1008, 2008

    日本コンクリート工学協会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009697909
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12139047
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    13477560
  • NDL Article ID
    9630724
  • NDL Source Classification
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL Call No.
    Z43-175
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top