施工性と修復性の向上を目指したアンボンドPCaPC架構に用いる履歴型制震デバイスの実験  [in Japanese] Test of hysteresis damper for unbonded precast PC frames for rapid erection and improved resiliency  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

地震時に架構のエネルギー吸収が小さいアンボンドPCaPC架構用に,PCa壁板のコネクタを低降伏点鋼としパネルのロッキング変形を利用した履歴型制震デバイスを開発し,実大実験により耐震性能を検討した。実験により,低降伏点鋼を用いたコネクタダンパーではコネクタと壁板の接合面でのずべりや大変形時の面外変形などは生じるが,層間変形角2%以上まで安定した履歴性状を示し十分なエネルギー吸収能力があることが明らかにした。

Journal

  • Proceedings of the Japan Concrete Institute

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 30(3), 1105-1110, 2008

    日本コンクリート工学協会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009697926
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12139047
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    13477560
  • NDL Article ID
    9633934
  • NDL Source Classification
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL Call No.
    Z43-175
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top