回転式打音検査によるコンクリート構造物の欠陥状態に関する解析的研究  [in Japanese] An analysis study on the deterioration diagnosis of the RC structures using the rotary hammering test  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

非破壊検査法の中で,比較的簡易かつ低コストで実施が可能な打音検査法の検査精度と作業効率を改善するために回転式打音検査が開発された。この検査法は,金属製の回転部分を有している検査器をコンクリート構造物表面に軽く押しあてながら移動・回転させ,一定間隔で発生する連続打音をもとに内部の異常箇所を探査する手法である。本論文は,音響解析を用いて回転式打音検査のシミュレーションを行い,コンクリート供試体内部の欠陥の有無や欠陥状態と打音の相関性に関して考察した。その結果,数値解析シミュレーションを用いて,回転式打音検査により欠陥の有無の把握が可能であることが確認された。

Journal

  • Proceedings of the Japan Concrete Institute

    Proceedings of the Japan Concrete Institute 30(3), 1723-1728, 2008

    日本コンクリート工学協会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009698029
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12139047
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    13477560
  • NDL Article ID
    9637475
  • NDL Source Classification
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL Call No.
    Z43-175
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top