TCPを用いた定速ファイル転送方式MCFTP (ネットワークシステム) MCFTP : A constant bit rate file transfer protocol over TCP

この論文をさがす

著者

抄録

ディザスタリカバリに備えたバックアップの遠隔転送を目的に,利用者が指定した速度で転送を行うファイル転送方式を提案する.本方式には,ネットワーク遅延やパケットロス率,それらの動的変動に関わらず,指定速度を守る,という特徴がある.このため,インターネットなどの安価な共用回線を介して,時間制約のあるファイル転送を行うのに有用である.本方式を用いて,海外パブリッククラウドとの間(ネットワーク遅延270ms)でファイル転送を行い,560MbpsとLAN並みの転送速度を達成したので,その実験結果も報告する.

This paper presents a new TCP-based file transfer method, which enables constant bit-rate data transfer over the Intemet. This method is useful for data transfer with a strict deadline, such as backup file transfer for disaster recovery, because it doesn't require expensive dedicated lines. By using this method, we achieved 560 Mbps speed file transfer to an overseas public cloud. The experimental result is also reported.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報 112(208), 77-82, 2012-09-20

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009698057
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11546431
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    024004937
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ