アクセシブル災害情報デザインに関する検討 (ヒューマンコミュニケーション基礎) Study on accessible design for disaster information

この論文をさがす

著者

抄録

災害時において情報をうまく取得することのできない情報弱者は災害弱者でもある.災害弱者のためには,安否情報をはじめとする災害情報をアクセシブルにデザインすることが重要である.視覚障がい者とその支援者にグループインタビューを行い,どのような災害情報をどのように取得し,どのように活用したかを調査した.その結果,ウェブアクセシビリティが達成できていないという課題があった.また,情報の新鮮度,粒度,信頼度の組み合わせが様々な災害情報が存在し,ユーザはこれらを使い分けていることがわかった.情報の使い分けには,ICTリテラシが必要であるが,リテラシが低くても情報を使い分けできるような災害情報デザインが必要であることがわかった.

In disaster, people who cannot receive information well often become the vulnerable people. The disaster information such as the information about the well-being should be accessibly designed. We performed group interviews to people with visual impaired and their support people and clarified which kind of disaster information was used, how they get the information, and how they leverage the information. As the result, there are some Web pages with disaster information which are not accessible. Father more, there are three aspects of information which are newness, granularity, and reliability of information, and users use the information depending on the situation. Accessible design for disaster information should not require their ICT literacy.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報 112(455), 91-98, 2013-03-04

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009703337
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10487226
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    024408778
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ