基本6感情の組み合わせによる高次感情の検討 (ヒューマンコミュニケーション基礎) Complex emotions expressed by combining six basic emotions

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は,複雑な高次感情について概念構造(研究1)と,認知および表出(研究2)の2つの側面から検討を行った.研究1では質問紙を用い,高次感情にどの程度基本6感情が含まれているかを,それぞれ7段階で回答させた.研究2では参加者は,基本6感情を表す表情と音声を組み合わせて,指定された感情を最も適切に表すような発話動画を作成することを求められた.その結果,本研究で扱った6種類の高次感情は,概念構造と,認知および表出において共通した4つの基本感情の組み合わせに分類された.したがって本研究では,少なくとも一部の高次感情は,基本6感情の組み合わせによって説明できることが示唆された.

We investigated two aspects of complex emotions by two studies : conceptual structure (study 1) and, expressive and cognitive characteristics (study 2). In the study 1, participants answered the questioner sheets on which six complex expressions were printed. Participants rated how much basic expressions were contained. In the study 2, participants made combined movies to match with presented complex expression. The results revealed that, in both concepts and cognitive aspects, six complex emotions were classified into four clusters which were composed of some basic expressions. Our findings suggested that complex emotions might be expressed by the combination of six basic emotions.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報 112(455), 149-154, 2013-03-04

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009703347
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10487226
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    024409511
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ