すれ違い通信によるメッセージ伝達特性 (ネットワークシステム) Performance Analysis of a Message Transfer System via Street Pass Communication

この論文をさがす

著者

    • 岸 俊介 KISHI Shunsuke
    • 東京電機大学大学院工学研究科情報通信工学専攻 Graduate School of Engineering, Tokyo Denki University
    • 坂本 直志 SAKAMOTO Naoshi
    • 東京電機大学工学部情報通信工学科 Department of Information and Communication Engineering, School of Engineering, Tokyo Denki University

抄録

近年、BluetoothなどのPAN対応端末の普及などにより、すれ違い通信が活用されるようになってきた。これは端末開か接近した時のみ通信が自動的に行われる仕組みである。これにより、たまたますれ違った端末同士でゲーム中のアイテムの交換を行うなど、新たな通信媒体として考えられるようになった。本研究では、このすれ違い通信をメッセージの伝搬媒体として活用可能かどうかを調べるため、NS2などのシミュレーションによって、様々な特性を調べた。

Recently, since terminals with personal area network such as bluetooth are spreading, StreetPass communication has come to be utilized, which is communication such that message transfer automatically happens only when terminals are close each other. This has come to be seemed to be a new communication media so that this is applied to exchange items among the players of the game. In this study, in order to examine whether this can be applied as message transfer media, we investigate some its property by using NS2.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報 112(463), 89-94, 2013-03-07

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009712084
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11546431
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    024417478
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ