無線マルチホップネットワークにおける信頼度情報に基づくルーティング手法の一検討 (ネットワークシステム) A Study of a Trust-aware Routing Protocol in Wireless Multi-hop Networks

この論文をさがす

著者

抄録

無線マルチホップネットワークにおいて,信頼度を用いてルーティングを行なうプロトコルには偽装ACK攻撃に対応できないという問題がある.偽装ACK攻撃は,悪意あるノードが受け取ったデータ転送のためのパケットを架空のノードに転送することで通信を妨害する.同時に,正常な通信の場合に宛先ノードから返信されるACKパケットを偽装して隣接ノードの攻撃ノードに対する信頼度を下げないようにする.本研究ではこの攻撃に関して,対処するために有効な手法を提案する.提案する手法では,送信ノードは攻撃ノードが偽装したACKを受け取ると,改竃を検知し,中継ノードとなった全てのノードに対して警告パケットを送信する.警告を受け取った各ノードは次ホップとなる隣接ノードに対する信頼度を下げることで攻撃ノードを回避する.シミュレーションにより提案手法の評価を行った.その結果,提案手法は攻撃ノードが存在する環境下でパケットの転送成功率が高く,偽装ACK攻撃に対して有効であることを明らかにした.

In wireless multihop networks, conventional trust based routing protocols are vulnerable to Spoofing ACK Attack. Malicious nodes of Spoofing ACK Attack drop the packets which they receives by transferring them to an imaginary node. They also prevent their neighbor nodes from regarding them as untrustworthy nodes by spoofing the ack which the destination node sends normally. In this paper we propose an effective method to deal with the attack. The source nodes send warning packets to all intermediate nodes when they receive a spoofed ack and detect it. The nodes which have received the warning packet decrease trustworthiness of each next hop nodes so that intermediate nodes can avoid attacker nodes. We evaluate our proposed methods by simulation. As a result, we can show that a success rate on packet transfer of the proposed method is higher than those on the conventional method, and that the proposed method is effective in defensing spoofing ACK Attack.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報 112(463), 337-342, 2013-03-07

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009712127
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11546431
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    024418006
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ