K-Rbハイブリッドセルを用いた光ポンピング原子磁気センサによる生体磁気計測に向けた磁場分布計測 (MEとバイオサイバネティックス) Magnetic field distribution measurements with an optically pumped atomic magnetometer using a hybrid cell of K and Rb atoms for biomagnetic measurements

この論文をさがす

著者

抄録

生体磁気計測用の磁気センサとして,光ポンピング原子磁気センサが注目されている.我々は,KとRbの2種類のアルカリ金属原子を封入したハイブリッドセルを用い,高感度な原子磁気センサを開発した.このハイブリッドセルを用いた光ポンピング原子磁気センサを磁場分布計測に用いた場合,単一アルカリ金属のみを用いてセンシングするよりもハイブリッドセルの方が広範囲で計測が可能であり,生体磁気計測により適していることを明らかにした.また,ラインセンサを用いて磁場分布の同時多点計測を行い,生体磁気計測の実現可能性を示した.

Abstract We have been developing an ultra-high sensitivity optically pumped atomic magnetometer using a hybrid cell of K and Rb atoms. In this study, we measured magnetic field distributions with the magnetometer for potential application to biomagnetic measurements. Consequently, we found that the magnetometer using the hybrid cell is suitable for the biomagnetic measurements and demonstrated simultaneous sensing at multiple locations using the hybrid cell.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報 112(479), 31-34, 2013-03-13

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009712364
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1001320X
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    024407419
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ